2010年01月24日

稲嶺、島袋氏が一騎打ち=普天間移設の受け入れ争点−名護市長選(時事通信)

 沖縄県名護市長選が17日告示され、新人で前市教育長の稲嶺進氏(64)=民主、共産、社民、国民新、沖縄社会大衆推薦=と、再選を目指す現職の島袋吉和氏(63)=公明支持=の無所属2人が届け出た。他に立候補はなく、両氏による一騎打ちが確定した。投開票は24日。米軍普天間飛行場(同県宜野湾市)を名護市辺野古のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行計画受け入れの是非が争点で、市長選の結果は、政府・与党が進める移設先の見直し論議に影響しそうだ。
 市長選は島袋氏の任期満了に伴うもの。稲嶺氏は普天間の県外移設を主張。一方、島袋氏は滑走路を沖合に移動させることを条件に、辺野古への移設を容認し、自民党からも事実上支援を受けている。
 稲嶺、島袋両氏は17日、それぞれ市内の選挙事務所前で出陣式を行い、7日間の論戦をスタートさせた。稲嶺氏は「もう辺野古の海に基地は造らせない」と強調。島袋氏は「鳩山由紀夫首相はふらふらしている」と普天間移設の結論を先送りした首相の対応を批判し、「(市としては)沖縄県と十分相談しながら対処していきたい」と訴えた。 

【関連ニュース】
名護市長選をめぐる動き
日米同盟、冷戦経て強化=「ひずみ」も
日米安保クロニクル
同盟深化、見えない具体像=影落とす普天間
米、漂う同盟にもどかしさ=外交の基軸も依然不信

羽田管制トラブル、プログラムミスが引き金か(読売新聞)
野菜いっぱい!スザンヌ家の「だご汁」披露(読売新聞)
早大の賠償額を減額…風力発電訴訟2審判決(読売新聞)
石川議員「親分の言うことは絶対」(読売新聞)
日航スポンサー、大丈夫? エスパルス「今度は助ける番」(産経新聞)
posted by タケイ シズオ at 02:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。